ジョアと便秘 乳酸菌シロタ株

ジョアの効果を考える

ヤクルト社の飲み物といえばやっぱりヤクルトが有名です。

 

 

でもヤクルトの次ぐらいには、「ジョア」の知名度が高いと思います。
テレビCMもちょくちょくみかけます。

 

最近では剛力彩芽さんが人気絶頂のときに、ジョアの歌を歌ったCMをやっていましたけど。
剛力彩芽さんはすっかりみなくなりましたね…。
いや、昔がテレビに出すぎだったのだと思います。

 

 

そんなジョアですよ。
ヤクルトは健康への効果が注目されています。

 

でもジョアってそこまで健康への注目度が高くないように思えます。
なのでジョアの効果について紹介してみようと思います。

 

 

 

ジョアには乳酸菌シロタ株を配合している!

ジョアは乳酸菌シロタ株を配合しています。
この乳酸菌シロタ株は、飲むヤクルトと同じ乳酸菌です。

 

 

なので基本ジョアって、ヤクルトと同等の効果、またはそれ以上の効果を望めるはずなんです。
まぁその分1本あたりの値段がヤクルトより高いですけどね。

 

むしろ飲むヤクルトに高い健康効果を期待していて、ジョアのほうにはあまり健康効果が期待されていないほうがおかしいのかもしれません。

 

 

あああああああああ!
ただ、ヤクルトと比べるとジョアに配合されている乳酸菌シロタ株はすごく少ないです。

 

普通のヤクルト(Newヤクルト)には1本に乳酸菌シロタ株が200億個。

 

 

一方のジョアに配合されている乳酸菌シロタ株は
【1本に12.5億個】
と、ヤクルトの十分の1も入っていないわけです。

 

200億個と、12.5億個では差がありすぎるので
「ジョアは効果がないのでは?」
と思う人もいるかもしれませんけど。

 

乳酸菌ってたくさんとれば効果が高くなるわけでもないんですよ。
なぜか乳酸菌シロタ株の数を増やしたヤクルト400が人気ですけど。

 

 

ヤクルト社は、一言も
「乳酸菌を沢山とれば効果が高い」
なんてことは言っていませんから。

 

だから大事なのは、乳酸菌の数ではなく。
乳酸菌シロタ株を配合していることだと自分は思っています。

 

 

 

 

 

乳酸菌シロタ株の効果

ヤクルトの効果といえば、乳酸菌シロタ株の効果であり。
ヤクルトの効果として評判が高いのが

  • 便秘改善効果
  • 免疫力向上効果

この2つが特に人気があると思います。

 

乳酸菌シロタ株には乳がん予防もあると発表されています。
女性の人は乳がん予防への効果に注目している人もいるかもしれません。

 

 

ジョアにも乳酸菌シロタ株が配合されているので、ヤクルトと同様の効果を期待していいと思うんです。

 

そしてジョアのプレーンタイプはトクホに認定されています。

 

 

実はストロベリータイプの昔はトクホだったんですよ。
画像のジョアストロベリーはトクホのマークがついていますよね

 

でも今(2017年現在)販売されているジョアのストロベリー味はトクホではないんですよね。

 

 

前はトクホだった飲み物が、今現在はトクホではないってことなんてあるのか?
リニューアルしたから、トクホではなくなったのかな?
いろいろと謎です。

 

 

でも少なくともジョアのプレーンタイプはトクホです。
おなかの調子を整える効果が明記されています。
トクホの安心感にこだわりたい人は、トクホに認定されているジョアプレーンをおすすめします。

 

 

まぁトクホではないジョアは効果がないってわけでもないと思うんですけどねぇ。
トクホに認定するにはお金がかかるっぽくて、他のジョアにはトクホに認定するだけのお金をケチったからプレーンタイプのジョアだけがトクホなのかな…。

 

結局トクホは認定されるのかどうかであって、認定されるための費用があーだこーだですからね。
モンドセレクションなんかも似たようなものでしょ。

 

 

 

 

 

ジョアにはビタミンDとカルシウムを配合している!

ジョアには乳酸菌シロタ株以外にも、栄養素を配合しています。

 

 

それが

  • ビタミンD
  • カルシウム

この2つです。

 

ジョアのタイプによっては、この2つ以外にもいろいろ配合しています。

 

 

 

たとえばプルーンタイプのジョアには、鉄も配合されています。
ただこのプルーンタイプのジョアは期間限定?
常に発売されているわけではないので、こういったジョアを続けるのは難しいかもしれません。

 

 

基本ジョアに配合されているのは、カルシウムとビタミンDです。
カルシウムのほうは、ジョアはいわゆる飲むヨーグルトなので納得です。

 

牛乳やヨーグルトにはカルシウムが配合されていますからね。
牛乳やヨーグルトといえば、カルシウム豊富な食べ物です。

 

 

ビタミンDはジョア独特の成分だと言っていいと思います。
いや、ビタミンDを配合した食べ物はいろいろあります。

 

でも、ビタミンDを配合したヨーグルトや飲むヨーグルトはそれほどありません。
ビタミンDを配合した飲むヨーグルトはめずらしいです。

 

 

ビタミンDとカルシウムって相性が抜群なんです。
ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する効果があります。

 

子供の成長に期待するのなら
「カルシウム+ビタミンD」
これはもう定番みたいになっています。

 

一時期は
「骨を強くするのならカルシウム」
と言われていました。
もちろん、カルシウムだけでも骨を強くする効果は期待できます。

 

 

でも、今では
「骨を強くするのなら、カルシウムだけではなく、ビタミンDも摂取するとより効果が高い」
とされています。

 

ジョアは、カルシウムとビタミンDという相性の良い成分が配合されています。
骨密度が気になる女性や、身長を伸ばしたいなど成長を期待する子供に飲ませたい飲み物です。

 

カルシウムは他にもイライラを予防すると言われています。
まぁこれは逆で、カルシウム不足になるとイライラしやすいってことですね。

 

 

ビタミンDのほかの効果は免疫力を高める効果があるとされています。
ビタミンDは人間が日光にあたることで生成できるビタミンだったりします。

 

なので人間、ある程度は日光にあたったほうが健康的だとされています。
まぁでもこれも限度があって、直射日光にずっとあたっているのはいろいろデメリットがあります。
ビタミンDを作るためとはいえ、直射日光に長時間あたるのは気をつけたいところです。

 

 

 

 

 

ジョアまとめ

ジョアに配合されている成分は

  • 乳酸菌シロタ株
  • カルシウム
  • ビタミンD

この3つが基本です。

 

 

乳酸菌シロタ株はご存知、飲むヤクルトにも配合されている乳酸菌です。

 

 

おなかの調子を整える効果や、免疫力を向上する効果が期待できます。
ジョアには飲むヤクルトと同じような効果が期待できるわけですね。

 

 

ジョアには、他にもビタミンDとカルシウムが配合されています。

 

 

カルシウム+ビタミンDは骨をより強くする効果があります。
身長を伸ばしたい子供や、骨密度が気になる女性や高齢者におすすめです。

 

 

カルシウムはイライラを予防する効果。
ビタミンDは免疫力を高める効果があることも忘れてはいけません。

 

 

こうやってみると
「ヤクルトを飲むよりジョアを飲んだほうがいいのでは?」
と思う人もいるかもしれません。

 

 

まぁそこらへんは好みなんで、好きなほうを選べばいいと思います。

 

ジョアとヤクルトでは、ヤクルトのほうが乳酸菌シロタ株の量が多いですし。
ヤクルトにも今ではいろいろな種類があって、ヤクルトの中でも乳酸菌シロタ株の量を増やしたヤクルト400なんていう製品もありますからね。

 

乳酸菌の量を重視する人にとっては
「ジョアは乳酸菌シロタ株の量が少ないからイマイチ!」
な感じで、ヤクルトのほうを好むと思います。

 

 

ジョアは1本100円します。
一方のヤクルトは普通のものは40円。
ヤクルト400だと80円です。

 

ジョアのほうが値段は高いんです。
続けるとなると、安いヤクルトのほうを選択する人もいると思います。

 

 

どちらにするのか決めるのではなく、その日の状況によって飲むものを決めればいいと思います。

 

もちろんジョアもヤクルトレディから買えます。
スーパーでも普通に売っていますね。

 

 

スーパーでは賞味期限(消費期限)が近くなったものが、割引シールが貼られて安くなったりしています。

 

 

うちの親は、定価ではまったくジョアを買ってきません。
でも、割引シールが貼られて半額ぐらいになったジョアはよく買ってきますね。

 

消費期限が切れたものを飲むことができるのかは各自で判断してください。
消費期限が切れたものを飲んで、おなかを壊しても自己責任になります。

 

 

自分や母は、3,4日ぐらい過ぎた乳製品なら普通に食べていますけどね。
それでおなかを壊したことはありませんが、やっぱり消費期限は1つの目安というか、安心感のあるものなので…。

 

不安な人は、消費期限を切れたものは食べないほうが無難です。
不安がストレスとなって体調を崩すことにつながりますからね。

 

まぁでも冷静に考えれば、消費期限が切れた瞬間に製品が悪くなったのなら、ある意味すごいですよね。