ジョア赤ちゃん

ジョアは赤ちゃんも飲める?

ジョアを赤ちゃんに飲ましたい!
そんなことを思う人もいるようです。

 

 

うちの親も孫に、スーパーで賞味期限わずかの半額シールが貼られたジョアを買ってきて飲ませていましたね。
まぁパッケージ的においしそうですし、実際小さな子はジョアを飲んだら喜びますよね。

 

 

うちの親が孫にジョアを飲ませたのは、単に味がおいしいからおいしいものを飲ませたのだと思います。
でも、他の
「赤ちゃんにジョアを飲ませても大丈夫でしょうか?」
という人は、ジョアの乳酸菌による効果を期待して赤ちゃんに飲ませようとしているのだと思います。

 

効果というか、常日頃的に飲ませても大丈夫なものなのか…。
そこのところが知りたいのかと。

 

 

ヤクルトやジョアの効果に期待している人って結構います。
まぁジョアよりヤクルトのほうが
「赤ちゃんに飲ませていいの?」
なんて思う人が多いようですけど。

 

 

やっぱりヤクルト社の製品といえばヤクルトのほうが知名度が高いですよねぇ。

 

ヤクルトは乳酸菌を配合していて、人によっては
「体に良い!」
なことを思っているので。
そういう点で、飲ませてもいいのか気になっている人が多いのかな。

 

 

ジョアはヤクルトと比べると、ややジュース感が強い飲料に感じます。
まぁ知名度的にジョアよりヤクルトのほうが上ってところがあるか。

 

 

 

 

 

ジョアを赤ちゃんに飲ます方法は公式で書いている

で、ジョアが赤ちゃんに飲ませることができるのかは、ジョアの公式ページのQ&Aに書いていました。

 

その文章がこちら。

 

Q.子供や幼児が飲んでもよいですか?

 

A.ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。
ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与え始めてください。
2倍に薄めるのは、ジョアの中のたんぱく質や無機質が母乳に比べて濃いためです。
その際、哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。
これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。
なお、母乳やミルクの代わりにはなりません。
これらの飲む量に影響を及ぼさないよう、与えるジョアの量を調整してください。

 

【ジョア公式ページQ&Aはこちら】
http://www.yakult.co.jp/joie/q_and_a/

 

 

と、そんな感じでまとめると

 

少量ならOK。しかも薄めてスプーンなどで飲ませる

 

ようにするといいとのことです。

 

 

たしかこれはヤクルトでも飲ませ方が同じだった気がします。
ヤクルトも薄めて、スプーンで飲ませるように書かれていたような…。

 

そしてヤクルトも
「母乳やミルクの代わりにはなりません」
ってなっていましたね。

 

 

いつから、何歳からのめるのか、具体的なことは書いてありませんでした。
ここらへんは、ヤクルトレディに聞いてみてください。
ヤクルトレディもそんなことを聞かれても、困りそうですけどね。

 

 

うーん、そこまで深く考えることなく、普通に飲ませてもいいと思う自分はいけないのかな。
「たんぱく質や無機質が母乳に比べて濃い」
っていわれても、そうなると今度は
「たんぱく質や無機質が濃いとなにが悪いの?」
と思ったりしますよね。

 

 

ジョアだと甘すぎるので、甘いものしか求めなくなるから薄める必要性のほうが強そうな気が。
ジョアの味に慣れてしまうと、甘くない飲み物になると飲まなくなってしまうかもしれませんからねぇ。

 

やっぱり母乳と近いものを飲ませるべきなんでしょうね。
そりゃ、母親から生まれた子供なんだから、母乳こそ子供にとって最適な飲み物なんだと思います。

 

いや、やっぱり子供にはより安全なものを与えたいという思いが強いと思います。
そういう点では、公式のジョアの飲ませる方法は正しいと思いますね。

 

 

子供にはカフェインの入ったお茶も飲ませたくないという親もいますから。
でも、たしかに赤ちゃんに対しては、万が一でも起きたら怖いので、そこまで考える必要はあると思います。

 

でも3歳ぐらいになれば、普通に飲ませていいと思います。
うちの親も孫に普通に飲ませまくっていましたけど。

 

いやうちの親、赤ちゃんにはさすがに飲ませていなかったと思いますけど。
自分でストローで飲めるぐらいの年齢の孫には普通に飲ませていた気がします。

 

むしろ3歳ぐらいの子がジョアを飲んで調子を悪くしたら嫌ですよね。

 

 

自分的にはヤクルトと比べるとジョアのほうが、赤ちゃん向けなイメージはありますね。
ヤクルトは大人の自分が今飲んでも
「ちょっと甘すぎないか?」
と感じますから。

 

ただジョアって、いろいろな味があるので。
「どの味でも、大丈夫なのかな?」
なんてことは思います。

 

プレーン味が一番無難そうに感じるのは、自分の勝手なイメージかな。
まぁストロベリー味が一番おいしそうに感じるのは、間違いなく自分の主観ですね。

 

 

 

 

 

子供がジョアを飲んで虫歯にならないように注意

「赤ちゃんにヤクルトを飲ませたら虫歯になった」
なんて体験談は多いです。

 

 

まぁそりゃそうです。
ヤクルトって粉ミルクに砂糖で味付けして、乳酸菌を入れた飲み物ですからね。

 

「ヤクルトは健康にいい」
と言っても、虫歯にならないわけではないです。
むしろ大人でも、ヤクルトを飲んで歯をみがかなかったのなら虫歯になりますよ。

 

 

ジョアも甘いです。
自分的にはヤクルトよりはジョアのほうが甘みは薄いと思いますけど。

 

それでもやっぱりジョアは甘いのでジョアを飲ませた後は赤ちゃんや子供の歯をみがいて、虫歯にならないように注意したいところです。

 

 

「赤ちゃんは虫歯菌がいないから虫歯にならない!」
なんていう人もいますけど。

 

あれですよ。
やっぱり万が一が怖いじゃないですか。

 

だから
【歯を磨かないという選択肢を選ぶほうがどうかしている】
と思うんですけど。

 

 

まぁ
「ジョアは赤ちゃんに飲ませても大丈夫ですか?」
と、そのぐらい我が子を心配している親なら、子供の歯をみがくぐらい当然しますよね。

 

思うんですけど、歯をみがくデメリットってそんなにないと思います。

  • めんどくさい
  • 子供が嫌がる

ぐらいかもしれません。

 

でも、歯をみがくって歳をとれば絶対にします。
「めんどくさい」とか「嫌い」とか言っていられないと思うんですけど。

 

 

うちの姉って、一時期
「キシリトールガムを噛めば歯磨きしなくていい」
なんて、ガチで信じていて、今は結構歯がやばくなっています。

 

 

いや、みんな
「いや、それはないでしょ」
って思いますよね。

 

むしろ、歯を磨かなくて虫歯になったら恐怖だから、歯を磨くと思うんです。
そういう自分の体にとってチャレンジ的なことをするのはどうかと思います。

 

 

うまく言えませんけど。
歯への意識が高いのに
「歯磨きするのはめんどくさい」
っていうのはどうにもならないと思うんです。

 

意味わからんじゃん。
キシリトールガムを噛んでいるのは、歯を大事に思っているから噛んでいるのか。
それとも単に、歯磨きするのがめんどいから噛んでいるのか…。

 

たぶん姉は後者だったと思うんですが。
歯磨きするのがそこまでめんどくさいことか?
むしろ歯磨きすれば、キシリトールガムとか噛まなくても万事解決しそうな気がしますけどね。

 

 

逆にいえば、どんなに歯への知識が高くなくても。
歯を磨いておけば、ほぼどうにかなりますよね。
ある意味、姉にとってはキシリトールガムとか知らないほうが、歯は健康だったと思います。

 

 

大事なことは
「歯のためにキシリトールガムを噛んでいます」
ではなく、普通に歯磨きをすればいいわけです。

 

 

用はジョアを飲んだら虫歯の可能性があるから、歯を磨くようにしてください。
ネットで5秒でググってきましたけど

 

赤ちゃんの歯磨きのスタートは
【歯が生え始める6か月〜1歳頃】
らしいです。

 

まぁ歯がなければ、そりゃ磨けませんよね。

 

 

なんか、たまに
「歯磨きするのがめんどくさい」
って人がいますけど。
これはどうにもできないことだと思います。
もちろん、歯がどうなってもいいのならしなくてもいいと思いますが。

 

「歯磨きをしなくてもいい方法を見つけたい!」
と頑張るぐらいなら、歯磨きをするようにしたほうが楽だと思います。

 

 

世の中は、ずるをしたり、不真面目に生きるより。
よっぽど努力して真面目に生きるほうが楽に生きれるようにできているんですよ。

 

でもなぜか一部の人は、努力や真面目に生きることが大変に感じているから。
ずるをしたり、不真面目に生きて、大変な生き方を選ぶ傾向があるように感じます。

 

実際歯医者になんども通うぐらいなら。
ちゃんと歯磨きしていたほうが楽ですよね。
いや、自分はそうですけど、歯医者のほうが楽だって人もいるのかなぁ。

 

 

 

 

 

ジョアまとめ

自分はジョアは子供に飲ませる価値があるだけの飲み物だと思います。

 

それは乳酸菌の効果よりも

  • カルシウム
  • ビタミンD

この骨を強くする組み合わせの成分が配合している点です。

 

 

もちろん子供はジョアを飲まなくても元気に育ちます。
でも、子供にはカルシウムの摂取が重要だとされています。

 

ジョアはいわゆる飲むヨーグルトにあたるものなので、ジュースを飲ませるよりジョアを飲ませたほうが健康的です。

 

 

ヤクルトにはカルシウムは配合されていません。

 

 

そういう点でも、子供にはヤクルトよりジョアのほうがいいと思います。
子供もヤクルトのちょっとの量より、ジョアのほうが量も多くておいしく思う子が多そうです。

 

ヤクルトは超甘いので子供は喜びそうですが。
やっぱり味の濃いものは、親としてはできるだけあげたくはないですよね。

 

 

自分が子供で、ヤクルトとジョアどちらか選ぶとすれば、ジョアのほうを選びます。
まぁヤクルト1本40円で、ジョアは1本100円ですから。
値段を気にしないのなら、みんなジョアを選びますよね。

 

うまか棒1本と、パルム1本だったら、そりゃパルムのほうを選ぶでしょ。(うまい棒じゃないよ!)
いや、うまか棒のあのピーナッツもなかなかいいんですけど。

 

 

あれ、もしかしてうまか棒ってそれほど知名度が高くない?
1本10円のうまい棒と勘違いしている人がいるかもしれません。

 

でもうまか棒って箱アイスに10本ぐらい入っている、チョコピーナッツの棒アイスです。
昔はよく食べていましたけど、最近はまったく見かけない気がします。

 

 

まぁそんな感じで、ぜんぜんまとまっていませんけど。
赤ちゃんにジョアを飲ませるのなら

  • 1本全部ではなく少量飲ませる
  • 少し薄めて飲ませる
  • 飲ませた後は歯を磨く

こういった点に注意してください。

 

 

おもしろいのは、こういうのは
「うちの子には、まだ早い、まだ早い」
と思っているうちは、頑なに断りますけど。
一回飲ませたら、もうそっからは飲ませまくりになったりする人がいるから怖いです。

 

人間って、はじめての物や行動には抵抗があったりしますけど。
一度やってしまうと、抵抗がなくなってしまうんですよね。

 

 

うちの親も、自分には
「コーラは歯が溶けるからだめ!」
って言っていたんですけど。

 

その後普通にコーラも飲めるようになりましたけど、そこまでうまくもないしそんなに飲んでいなかったんですけど。
気がついたら
「歯が溶ける」
と言っていた親のほうが、ヘビーにコーラを飲むようになってこちらが親の歯を心配する状況になっています。

 

 

自分的には子供にジョアって飲ませる価値があると思います。
そりゃ赤ちゃんには心配になりますけど、子供には
「ジュースを飲ませるよりは、ジョアのほうが何倍も健康にいい」
と思います。
カルシウムや乳酸菌の点でですね。

 

だから、良い点がまったくないジュースを飲ませるぐらいなら、ジョアを飲ませるようにしてほしいですね。
ジョアは1本100円と、ちょっと値段が高いのがつらいですけど。
でも飲むヨーグルトと考えれば、そこまでものすごく高いわけでもないと思います。

 

 

飲むヨーグルトって結構なお値段しますからね。
実際飲むヨーグルトってちょっととろみがあるので、満腹感もあったりします。

 

ただジョアは1本125mlですから。
食べ盛りの子供には、量が少ないでしょうね…。
いや、小さな子供にはむしろ理想的な量だと言えるんですけどね。