ミルミルvsヤクルト

ミルミルとヤクルトの違い

ミルミルとヤクルトってまったく違います。

 

 

 

というか、知名度の点では、断然ヤクルトのほうが高いと思います。
スーパーでも場所によっては、ミルミルを置いていないショップもありますよ。

 

 

なので、ミルミルとヤクルトの違いが気になる人って
「ヤクルトは知っているけど、ミルミルってどうなの?」
という感じなんだと思います。

 

 

ヤクルトは類似品が山ほどでていますけど、ミルミルの類似品ってあまりない気がします。
そういう点でもやっぱりミルミルってそこまで需要がないのかもしれません。

 

 

 

 

ミルミルは牛乳のさっぱり系

自分がミルミルを飲んだ感想はこれです。
牛乳のさっぱりした感じです。

 

まぁ牛乳自体も結構さっぱりしていますけど。
コクがあるというか、牛乳らしさがあります。

 

 

でもミルミルは牛乳をちょっと甘くして、ジュースっぽい感じにしたものっていうかな。
小さな子供向けの牛乳なイメージがありますね。

 

 

まぁミルミルを飲めば、自分の言いたいこともわかってもらえると思います。

 

 

一方のヤクルトは
【とにかく甘い粉ミルク】
ですよね。

 

ヤクルトって粉ミルクに、乳酸菌と砂糖をぶち込んだ飲み物です。
結構簡単に出来るのだと思います。
だから類似品も山ほどあるのかと…。

 

 

ヤクルトもヤクルト公式サイトのほうで
「ヤクルトができるまで」
みたいな、ヤクルトの製造過程を紹介していますけど。

 

これはもうヤクルトの類似品がたくさんあるので
「隠す必要ないわ」
と思って、作り方を公開しているのかもしれませんね。

 

 

ほんと今では、イオンのトップバリュとか、セブンイレブンのオリジナルブランドメーカーもヤクルトの類似品を販売しているでしょ。

 

 

それだけ、少ない原価で、それなりの利益が出せる飲み物なんだと思います。

 

 

ミルミルはよくわからないです。
どうやって作っているんだろうか?

 

原材料を見ると、生乳(牛乳)を使っているわけではないので。
ジュースといえるんですよね。
その点でも意外に思う人がいそうです。

 

 

しいていうのなら、ミルミルはカゴメラブレのような飲み物と似ているタイプといえるんじゃないかと思います。

 

 

もちろんマミーとも似ているわけですけど。

 

 

乳酸菌を配合しているんだけど、ヨーグルトドリンクではないんです。
そういう飲み物の1つがミルミルですね。

 

 

 

 

ヤクルトとミルミルでは配合している乳酸菌が違う

ヤクルトとミルミルでは配合している乳酸菌が違います。

 

ヤクルトは乳酸菌シロタ株。
ミルミルはビフィズス菌 BY株。

 

知名度が高いのは文句なしに乳酸菌シロタ株です。

 

 

ビフィズス菌BY株はよくわからんわ。
ただ自分はガチで乳酸菌に詳しいので、これってヤクルトの整腸薬に使われている乳酸菌の1つではないか?

 

 

自分が怖い!
乳酸菌の名前を聞いただけで、関連製品が思い浮かぶ自分が怖い!

 

あ、でも違うかもしれません。
ヤクルトBL錠に書いているのは、単にビフィズス菌とだけなので、違うかもしれませんけど。
たぶん同じだと思うんですけどね。

 

 

まぁヤクルトとミルミル。
配合している乳酸菌が違うといっても、どっちとも飲んだことがない人にとっては、どっちが効果が高いのかなんてわからないです。

 

乳酸菌は人との相性で効果が変わるとされていますから。

 

 

ただ
「ヤクルトを飲んだらお腹の調子がいい」
という人にとっては、ミルミルに配合されている乳酸菌はヤクルトとは違います。

 

ヤクルトを飲んでお腹の調子がいい人も、ミルミルを飲んだら
「あれ?効果が実感できないな」
と思う人もいるかもしれません。

 

もちろんその逆のミルミルだと効果は実感できて、ヤクルトだと実感できないパターンもあります。

 

 

 

 

 

ミルミルとヤクルト、おすすめはどちら?

自分の中では勝手なイメージで
「ヤクルトが早い子供にはミルミル」
なんてイメージがありましたけどね。

 

他にも
「牛乳が飲めない子供にミルミル」
なんてことを思っていました。

 

 

ミルミルって名前がいかにも体に優しそうなイメージがありますよね。

 

 

どうだろ。
なんとも甲乙つけがたいんですけど。

 

やっぱり乳酸菌を毎日摂取するのなら、値段の安いヤクルトのほうがいいのではないだろうか。
ヤクルトは1本40円ですからね。
ミルミルは1本100円。
この差は大きいです。

 

 

ただヤクルトは甘すぎるんです。
なので小さな子には刺激的な気がします。
大人でもヤクルトの甘さが刺激的に感じる人がいそうです。

 

お腹が超敏感な人にも、ミルミルがいいかもしれません。
まぁそこまでしてミルミル(ヤクルト社の製品を)飲む必要もない気がしますけど。

 

 

ミルミルを飲んでいる人は、子供というより便秘がちな女性が飲んでいたりするので…。
おそらくですけど
【ヤクルトでは便秘が改善しなかった⇒乳酸菌の種類が違うミルミルを試そう】
こんな感じなのかもしれません。

 

まぁほんとミルミルってヤクルトもどういう意図で製造したのかちょっと気になります。
どの層を狙って販売したのか?

 

ミルミルって汚い話になりますけど、やっぱりうんちのでる音なのかな?
あ、違うか、それはミチミチかな?
小学校の頃、「みっちゃんミチミチうんこたれた♪」みたいな替え歌歌っていた馬鹿がいたなぁ。
…知らんわ!!

 

 

まぁなんかよくわかりませんけど。
「ヤクルトもいいけど、ミルミルもあるよ!」
みたいな感じなんだと思います。

 

ヤクルトレディもそんな感じで、ミルミルを薦めていそうですね。

 

 

ちなみにミルミルSはヤクルトレディ限定で購入できるミルミルです。

 

ヤクルトレディからミルミルSを買おうと思ったんですけど
「今はないので今度ミルミルSを持ってきます」
といって、ヤクルトレディは帰ったんですけど。

 

その再び来たヤクルトレディを親がおっぱらったので、もう買えんわ。
親からしたら、ヤクルトなんて高いから買わないタイプなんで。
親はヤクルトの類似品を買うタイプなんですよ。

 

 

まぁまた縁があれば、ヤクルトレディもうちに来ると思います。
そのときに親がいなく、自分がいれば、ミルミルSを買うチャンスもあると思います。